病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

フェブリクの作用機序と副作用、ザイロリックとの違い

ビール

今回は高尿酸血症治療薬で選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤の『フェブリク』についてお話していきます。

スポンサーリンク

フェブリクとは?

 

まずは名前の由来から。フェブリクの一般名はfebuxostat(フェブキソスタット)また尿酸は、”uric acid”。前者の”febu”、後者の”ric”を合わせてfeburic(フェブリク)と命名されました。

 

お薬の作用は『尿酸の生成を抑えることで尿酸値を下げる』になります。これだけ見るとザイロリックと同じですよね。ですがフェブリクの作用機序はちょっと異なります。それではもう少し詳しく見て行きましょう。

フェブリクの作用機序と特徴

 

尿酸の生成過程

ちょっと尿酸生成の流れをおさらいしますね。「ヒポキサンチン → キサンチン → 尿酸」矢印の部分で同じ酵素が代謝に関わっており、その酵素の名前をキサンチンオキシダーゼ(以下XOR)と言うのでした。

 

XORには穴(ポケット)が開いています。通常はポケットの中にヒポキサンチンやキサンチンが入り込み、酵素内部で代謝され出ていきます。

 

フェブリクはXORのポケットに入る事ができます。フェブリクはポケットの内部の形と非常によく似た構造をしておりピッタリはまります。

 

その上XORとイオン結合や共有結合など様々な力により強力に結合してしまいます。そのためXORの寿命である約36時間結合し続けます。作用が強力かつ長時間持続するのはこのためです。

 

XORのポケットはフェブリクにより埋め尽くされ、ヒポキサンチンやキサンチンは中に入ることができなくなります。その結果尿酸の生成が抑制されるのですね。

 

ザイロリックはXORを自身の代謝に優先的に使わせます。そして代謝物のオキシプリノールがXORに結合して、その働きを失わせる事で尿酸生成を抑制します。

 

フェブリクはXORの寿命が来るまで結合し続けることでキサンチンが結合できなくなり、その結果尿酸生成を抑制します。一言でキサンチンオキシダーゼ阻害と言っても違うのです。

スポンサーリンク

フェブリクの消失経路

 

続いて消失経路です。ザイロリックは未変化体と代謝物のオキシプリノールが主に尿中に排泄(腎排泄)されます。一方フェブリクは尿中と便中にバランスよく排泄(腎排泄・胆汁排泄型)されます。

 

そのため、ザイロリックは軽度でも腎機能障害のある方は減量する必要がありますが、フェブリクは軽度~中等度の腎機能障害の患者様には減量する必要がありません。重度の腎機能障害の方は慎重投与となっています。

 

1日1回なのは作用機序の部分で述べたとおりです。フェブリクの作用は強力なので、医師からも20mgでコントロールできるケースが多いと聞きます。

フェブリクの相互作用

 

続いて相互作用(飲み合わせ)の注意です。代謝拮抗薬のアザチオプリンやメルカプトプリンはキサンチンオキシダーゼにより代謝されます。

 

アロプリノール同様、フェブリクもキサンチンオキシダーゼを阻害するためこれらの薬の血中濃度が上昇する可能性があります。お薬手帳を忘れずに医師、薬剤師に見せるようにしましょう。

フェブリクの副作用

 

主な副作用は下痢や倦怠感など。作用が結構強力なので徐々に増量しても尿酸値が急激に低下する事があり、結果痛風発作を起こすことがあります。その時はNSAIDS(非ステロイド性抗炎症薬)を使用します。場合によりステロイドも使用します。

 

ザイロリックで見られた再生不良性貧血、汎血球減少等の血液障害、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)等の皮膚障害は基本的にみられません。

 

これはフェブリクがプリン骨格を持たず、他の核酸代謝酵素を阻害しないため、XORのみを選択的に阻害できることによるとされています。

 

それではフェブリクについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆