病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

オイグルコン・ダオニール(グリベンクラミド)の作用機序と副作用

角砂糖

今回は糖尿病治療薬でスルホニルウレア系の『オイグルコン』についてお話していきます。

スポンサーリンク

オイグルコンとは?

 

まずは恒例オイグルコンの名前の由来からいきましょう。EUは英語の接頭辞で”良い”。GLUはGLUCOSEで”ブドウ糖”。CONはCONTROLで”管理”。

 

「EU +GLU + CON = EUGLUCON」で血糖値(ブドウ糖)を良好に管理する薬という意味からオイグルコンと命名されました。一般名はグリベンクラミドです。

 

同じ成分でダオニールという薬がありますが、製造販売会社が異なるだけで全く同じ薬になります。こちらは特に名前の由来はないようです。

 

オイグルコンはスルホニルウレア薬(以下SU薬)に分類されます。作用を簡単に説明すると…『インスリンの分泌を促して、血糖値を下げる』となります。それではもう少し詳しくみていきましょう。

インスリンの働きについて

 

私達が摂った食事(糖質)はそのまま身体に吸収されるわけではありません。アミラーゼなどの消化酵素によりブドウ糖まで分解され、小腸から吸収されます。その後にブドウ糖は血液中に移動するわけです。

 

いわゆる血糖値は血液中のブドウ糖の量を指します。ブドウ糖は筋肉や肝臓などの全身の臓器に運ばれてエネルギーとして使用されます。また残ったブドウ糖はグリコーゲンや脂肪として蓄えられます。

 

「ブドウ糖を筋肉や肝臓などの全身の臓器に運ぶ」これを行っているのがインスリンです。

 

ただブドウ糖が各臓器に運ばれても、臓器を構成する細胞の入り口が閉じているとブドウ糖は中に入る事ができません。

 

インスリンは細胞の入り口を開ける事ができます。こうして初めてブドウ糖は細胞内に入り、エネルギーとして利用できるようになります。また血液中のブドウ糖が減ることで血糖値が下がります。

 

健康な人はこれらが自然に行われているため、血糖値がきちんと管理されているわけですね。

 

ではインスリンの働きが悪く、入り口のドアを少ししか開けることができない場合どうでしょうか?入り口が狭いため、ブドウ糖が細胞内に入る量が減ってしまいますよね。

 

また入り口を開ける能力を持つインスリンの量が少なかったらどうでしょうか?こちらも同じようにドアが十分に開かないため、細胞内に入るブドウ糖がいつもより少なくなってしまいます。

 

これらが原因で、いつもは細胞内に入っていたブドウ糖が血液中に残ってしまい、血糖値が高くなってしまいます。この状態が続くと糖尿病になってしまうのです。

 

インスリンの働きが悪い状態をインスリン抵抗性といいます。インスリンの量が少ない状態をインスリン分泌不全といいます。改善する方法は2つです。

・インスリンの働きを高める。
・インスリンの量を増やす。

正直、誰でも思いつくと思います。

 

それではオイグルコンの作用機序について詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

オイグルコンの作用機序

 

血糖値が高くなると、ブドウ糖は膵臓のB細胞内に取り込まれるわけですが、そのままの状態では入ることができないんですね。

 

そこで必要なのが、細胞膜表面に存在するブドウ糖輸送体(glucose transporter(以下GLUT))です。いわゆるブドウ糖の運び屋。

 

これによりブドウ糖は細胞内に取り込まれます。GLUTには数種類ありますが、膵臓ではGLUT2がその役目を担っています。

 

細胞内に取り込まれたブドウ糖は代謝され、アデノシン三リン酸(以下ATP)になります。ATPにより細胞膜のカリウムチャネルが閉じられることでカリウムイオンが外に出ていけなくなります。

 

すると細胞膜の電位が上昇することで脱分極を起こします。その結果カルシウムチャネルが開き、細胞内にカルシウムイオンが入ることで、インスリン分泌顆粒と呼ばれる部分からインスリンが分泌されます。

 

これを強制的に行わせるのがオイグルコンの作用になります。

 

オイグルコンはB細胞の細胞膜にあるSU受容体に結合することでカリウムチャネルを閉じる作用を持っています。その結果上で書いた流れでインスリンが分泌され、血糖値が下がるというわけです。

オイグルコンの副作用

 

やはり一番気をつける必要があるのは低血糖ですね。SU薬の欠点は血糖値によらず効果を発揮してしまう点です。血糖値が高かろうが、低かろうが作用してしまいます。

 

低血糖とは一般的に血糖値が70mg/dl以下のことを指します。手の震えや冷や汗、動悸、異常な空腹感などが初期症状となります。その場合は直ちに糖分を補給するようにしてください。

 

特にオイグルコンは血糖降下作用がSU薬の中で最強ですから、十分注意する必要があります。

 

また体重増加もみられます。理由としてインスリンの量が増えることで、脂肪として蓄えられる量が増えるためです。また空腹感を感じやすくなることで、今まで以上に食べてしまうこともあげられます。

二次無効とは?

 

二次無効とはSU剤を長期に服用していると効果が落ちることを言います。これは膵臓が疲れた事により生じると言われています。無理矢理インスリンを出させるわけですからそりゃ膵臓も疲れるって話ですね。

 

この時はSU薬を中止し、インスリンを投与することで膵臓を休ませてあげると回復することがあります。

 

それではオイグルコンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆