病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

越婢加朮湯の作用機序と副作用~アトピー、発疹、鼻炎、痛風にも


今回は漢方薬の越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)について解説します。

スポンサーリンク

越婢加朮湯の名前の由来

 

越婢湯に生薬の朮(白朮または蒼朮)を加えた処方ということで越婢加朮湯と命名されています。

越婢加朮湯の作用機序と特徴

 

越婢加朮湯は腎機能の改善やむくみ、痛み・腫れや皮膚炎に良く使用される漢方薬であり、含まれている生薬は石膏(セッコウ)、麻黄(マオウ)、白朮(ビャクジュツ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)です。

 

メーカーによっては白朮の代わりに蒼朮(ソウジュツ)を含んでいる場合がありますが、この漢方薬が目的とする効果では、止汗作用と強い除湿作用を持つ白朮の方が効果的だと考えられます。

関連記事白朮と蒼朮の違い

 

東洋医学では漢方薬の適応を判断するため、個別の患者の状態を判断する「証」という概念を用います。越婢加朮湯に適応のある証は実証・熱証・湿証であり、体力が充実していてむくみやすく、皮膚に熱があるタイプの人に向いています。

関連記事漢方薬の処方の基本~証、陰陽、虚実、気血水とは?

 

添付文書には以下のように記載されています。

効能又は効果
浮腫と汗が出て小便不利のあるものの次の諸症
腎炎、ネフローゼ、脚気、関節リウマチ、夜尿症、湿疹

用法及び用量
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ越婢加朮湯エキス顆粒(医療用)の添付文書より引用

 

漢方薬の薬理作用は解明されていないことが多く、越婢加朮湯の作用機序も深くは研究されていません。そのため、効果を考える際には含まれている生薬から考察していく必要があります。

 

まず中心となる生薬は石膏であり、石膏には強い清涼解熱効果があります。

 

麻黄は逆に体を温める作用を持っていますが、石膏と合わさることによって温熱効果はほぼ発揮されなくなり、水分を発散させる効果が顕著に発揮されることで、熱証に対しても用いることが可能になるのです。

 

白朮も燥性(体を乾燥させる)の生薬で、体内に余分にとどまっている水分を発散させて効果を発揮するため、これら三種を合わせて熱証・湿証に対して用いられます。

 

大棗・甘草は、含まれている生薬同士が同時に働けるような環境を作るために働き、合わせて鎮痛作用も発揮します。

 

東洋医学における皮膚炎は、皮膚表面に熱が集まることによって、さまざまな病変を引き起こしていると考えます。特にアトピーのように全身性で起きる皮膚炎は、強力に熱を冷ます越婢加朮湯の適応となります。

 

越婢加朮湯は実証向けの漢方薬であり、単独では咳や悪寒などには効果が発揮できないものですが、他の漢方薬と組み合わせることで風邪の症状にも対応することができます。

 

熱を発散させて痛みを取るため、高熱が出ている状態でのどや関節に痛みを持つ場合に用いられます。麻黄が配合されているためにインフルエンザに用いることもあり、炎症を緩和できるため、鼻炎などの上気道炎にも使用されます。

 

また腫れ・痛みを抑えることができる漢方薬であるため、痛風に対しても用いられます。発作時の鎮痛目的での使用の他にも、発作予防のための維持療法としても使用が可能です。

スポンサーリンク

越婢加朮湯の副作用

 

越婢加朮湯では副作用の発現頻度が明確になる調査を行っていないため、その詳しい発生頻度は不明です。重大な副作用としては甘草に由来するものが報告されており、使用する際にはその兆候となる症状に注意が必要です。

 

低カリウム血症や血圧の上昇、浮腫を引き起こしてしまう偽アルドステロン症、前述の低カリウム血症の結果として筋肉の動きに悪影響を与えてしまうミオパチーの発生が報告されています。それらの可能性がある場合には、服用の中止やカリウム剤の投与などの適切な処置が必要になります。

 

その他の副作用として、麻黄の影響による不眠や心悸亢進、悪心、食欲不振の報告があります。服用中にこれらの症状が現れた場合は、かかりつけの医師、薬剤師に伝えるようにして下さい。

越婢加朮湯の飲み方と注意事項

 

越婢加朮湯は1日2~3回に分けて空腹時に服用するのが効果的です。もし服用を忘れて食事をしてしまった場合には、毎回でなければ気づいた時点で服用しても構いません。ただし麻黄を含んでいるため、副作用の発現には注意しましょう。

関連記事漢方薬の「食前または食間」にエビデンスはある?食後ではダメ?

 

心疾患や高血圧などの持病がある人や、甲状腺疾患、胃腸虚弱、排尿障害のある人では、麻黄に含まれるエフェドリンが体に負担をかけてしまう可能性があるため、慎重に服用する必要があります。

 

また、麻黄は以下の薬剤と併用することで交感神経興奮作用が増強する可能性があります。お薬手帳を忘れずに提出するようにして下さいね。

・MAO(モノアミン酸化酵素)阻害薬
・アドレナリンなどのカテコールアミン製剤
・テオフィリンなどのキサンチン系製剤
・チロキシンなどの甲状腺製剤
・エフェドリン含有・麻黄含有の製剤

 

他にも甘草を有効成分として含んでいるため、甘草を含んでいる漢方薬との併用はもちろん、その有効成分であるグリチルリチン酸を使用している医薬品も同様に注意する必要があります。

 

越婢加朮湯は妊婦への使用については「有益性が危険性を上回る場合に使用すること」となっています。

 

一般的に、妊娠中の体・目の痒み、むくみなどの症状に対して処方されることがある漢方薬ですが、妊娠中は虚証となりやすいため、しっかりと証の判断することが大切です。自己判断ではなく、必ず医師の判断の上で使用するようにしてください。

 

それでは越婢加朮湯については以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方はコチラ

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方はコチラ

サイト内検索

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆