病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

プロスタール(クロルマジノン)の作用機序と副作用|前立腺肥大

老人男性腹痛

今回は前立腺肥大症治療薬で抗アンドロゲン薬の「プロスタール」についてお話していきます。

スポンサーリンク

プロスタールとは?

 

それではまず名前の由来からいきます。前立腺は英語で”prostatic gland”。前立腺に作用するということで上記からPROSTAL:プロスタールと命名されました。一般名はクロルマジノンです。

 

プロスタールの作用機序を簡単にお話すると「肥大した前立腺を小さくすることで尿のトラブルを改善したり、前立腺がんの増殖を抑える」となります。

 

それではまず前立腺肥大症についてお話していきましょう。

前立腺肥大症とは?

 

前立腺肥大症は文字通り”前立腺が肥大した病気”です。加齢とともに発症する方が増え、80歳では約8割の方に前立腺の肥大がみられるとも言われています。

 

ただ肥大や症状の程度には個人差があり、必ずしも全員に対して治療が必要であるというわけではありません。

 

前立腺が肥大する原因ですが、いくつか説があります。ただ”男性ホルモンが関与していることは間違いない”とされているものの、未だハッキリと解明されていません。

 

いずれにせよ肥大した前立腺により、尿の通り道である尿道が圧迫され狭くなってしまいます。すると尿がスムーズに排泄されなくなり、以下のような症状が出現します。

蓄尿症状

日中トイレが近い”昼間頻尿”
夜中トイレが近い”夜間頻尿”
急に尿がしたくなり我慢できない”尿意切迫感”

排尿症状

尿がすぐに出ない”排尿遅延”
尿の勢いが弱くなる”尿勢低下”
排尿中に尿が途切れてしまう”尿線途絶”
排尿時にお腹に力を入れないと出ない”腹圧排尿”

排尿後症状

排尿後も尿が残っている感じがする”残尿感”

尿がほとんど出なくなる

尿道が閉塞して尿がほとんど出なくなる”尿閉”

 

こういった症状が続くと日常の生活の質(Quality of Life)に多大なる影響を与えるため治療が必要となります。

スポンサーリンク

プロスタールの作用機序と特徴

 

前立腺が肥大化する原因は完全に解明されていませんが、その一つしてジヒドロテストステロン(以下DHT)が原因の一つと考えられています。

 

精巣で作られる男性ホルモンの1つである”テストステロン”は血液中から前立腺細胞に取り込まれると、5α還元酵素によりDHTに変換されます。

 

DHTは細胞質のアンドロゲン受容体と結合、DHT-アンドロゲン受容体複合体を形成します。そして最終的に前立腺細胞が増殖することで前立腺が肥大化すると考えられています。

 

プロスタールは精巣からのテストステロンの分泌や前立腺へのテストステロンの取り込み、更にDHTとアンドロゲン受容体の結合を邪魔する作用を持ちます。

 

これにより前立腺細胞の増殖を抑えることができるため、肥大化した前立腺を小さくすることができるのです。

 

プロスタールは通常用量(1回25mg1日2回)では前立腺肥大症に、高用量(1回50mg1日2回)では前立腺がんに適応があります。※症状により適宜増減される場合があります。

 

DHT-アンドロゲン受容体複合体はがん細胞に働きかけ増殖させる作用を持ちます。プロスタールはこの過程を邪魔するとともに、副腎で作られたアンドロゲン(男性ホルモン)の働きを抑える作用もあります。これによりがん細胞の増殖が抑制され、小さくなるのです。

 

ただプロスタールの欠点として効果が現れるまでに時間がかかるという点があります。そのため効果がすぐに現れなくても、1~2ヶ月は様子を見る必要があります。自己判断で中止しないようにして下さい。

プロスタールの副作用

 

副作用は結構多いですね。勃起不全、性欲減退、女性化乳房、肝機能障害、胃腸障害などが報告されています。プロスタールの作用により血液中のテストステロンが減少するため性機能障害の発現率は高いです。

 

肝機能障害には特に注意が必要です。死亡例も出ています。投与開始後3カ月までは少なくとも1カ月に1回、それ以降も定期的に肝機能検査が必要となります。

 

服用中に吐き気や嘔吐、下痢、体がだるい、皮膚や白眼が黄色くなるなどの症状が現れた場合はすぐに医療機関を受診すして下さい。以上から重篤な肝障害・肝疾患のある患者様には禁忌となります。

 

また糖尿病やうっ血性心不全、血栓症にも注意が必要です。服用中にいつもと違う症状が出現した場合は注意が必要です。

プロスタールの注意事項

 

”PSA検査”を受ける際には、必ずプロスタールを服用していることを伝えるようにして下さい。PSA検査とは前立腺癌の可能性がある人を見つける検査のことです。

 

プロスタールはPSAの値を下げる作用を持っています。服用中はPSA値が低くても前立腺癌を否定できないため注意が必要です。定期的な評価が必要となります。

 

それではプロスタールについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆