今回はセフェム系抗菌薬のパンスポリンについてお話していきます。

パンスポリンとは?

 

それでは名前の由来からいきましょう。パンスポリンPANSPORINと表記されますが、これは抗菌スペクトルの広さから「PAN」、セファロスポリン系の抗菌薬であることから「SPORIN」、この2つを組み合わせて命名されています。一般名はセフォチアムです。

 

パンスポリンの作用を簡単に説明すると「細菌の細胞壁の合成を抑えることで、細菌を死滅させる」となります。それではもう少し詳しく見ていきましょう。

パンスポリンの作用機序と特徴

 

セフェム系抗菌薬はβラクタム系抗菌薬に分類されます。βラクタム系抗菌薬はセフェム系の他にペニシリン系、カルバペネム系、モノバクタム系、ペネム系などがあります。いずれもβラクタム環と呼ばれる構造を有しているのが特徴です。

作用機序

作用機序の前に、まずは細胞壁について説明します。細胞壁は細菌の最も外側にある丈夫な膜で、主にペプチドグリカンという物質で構成されています。

 

そしてペプチドグリカンを合成する酵素の一つにペニシリン結合タンパク(penicillin‐binding protein:以下PBP)があります。

 

βラクタム系抗菌薬はPBPと結合しPBPの働きを失わせます。これにより細胞壁の合成を抑えることができる、つまり細菌を死滅させることができるのです。

 

ちなみに細胞壁はヒトには存在しません。そのため細菌に選択的に作用することができるのです。同様に細胞壁を持たないマイコプラズマ、細胞壁にペプチドグリカンを含まないクラミジア等に対してもβラクタム系抗菌薬は無効のため注意が必要です。

時間依存型

MIC(minimal inhibitory concentration:最小発育阻止濃度)を超える時間(Time above MIC)をどれだけ長くできるかが重要となります。

 

基本的にβラクタム系は半減期(薬の血液中の濃度が最高になった後、それが半分の濃度になるまでにかかる時間)が短く、パンスポリンも半減期が約1時間程度となっており、1回1gを8時間毎に投与します。

有効菌種

パンスポリンは第2世代のセフェム系抗菌薬です。黄色ブドウ球菌(MSSAに有効。ただしセファゾリンには劣る)や肺炎球菌(PRSPには無効)、インフルエンザ菌(BLNARには無効)、モラキセラ、腸内細菌(大腸菌、プロテウス・ミラビリス、クラブシエラ)をカバーできます。

 

ただし、嫌気性菌、緑膿菌、腸球菌には無効となりますので注意が必要です。髄液移行性もありません。ちなみに同世代のセフメタゾン(セフメタゾール)は嫌気性菌にも有効です。

消失経路

消失経路は腎排泄型。腎機能障害のある患者様は排泄の遅延により血中濃度が上昇する可能性があるため、1回量を減じたり、投与間隔を延長して対応します。

剤形

パンスポリンの剤形は錠剤と注射剤。注射剤には静注用と筋注用があり、静注用にはキット製剤もあります。

パンスポリンの副作用と注意事項

アナフィラキシー

一番注意が必要なのはアナフィラキシー。アナフィラキシーとは短時間の間に複数のアレルギー症状が同時に出現する状態を指します。特に血圧の低下や意識障害などを伴う状態をアナフィラキシーショックといい、命に関わる場合もあります。

 

息苦しい、喉がつまる、喉がかゆい、めまい、耳鳴り、吐き気や腹痛、皮膚がかゆい、皮膚が赤くなる、蕁麻疹が現れる、などが短時間に複数現れた場合は前兆である可能性が高いです。投与後早ければ5分以内、通常30分以内には症状が発現します。

 

パンスポリンは注射剤のため通常病院内で投与しますので迅速に対応可能かと思われますが、これらは覚えておきましょう。

発疹

発疹が現れることがあります。発疹は投与開始後数日経過してから現れるケースが多いです。

偽膜性大腸炎

他には抗菌薬の使用により腸内細菌のバランスが崩れ、吐き気や下痢などが現れる場合があります。中でもクロストリジウム・ディフィシルと呼ばれる嫌気性菌が異常に増える偽膜性大腸炎を起こす場合もあります。症状としては下痢、発熱、腹痛などがあります。

 

偽膜性大腸炎はクリンダマイシンなどで頻度が高いですが、最近ではどの抗菌薬でも起こりうると言われていますので注意が必要です。

出血傾向、舌炎、口内炎

またビタミンの吸収に関与する腸内細菌が減少する可能性があり、ビタミンKが欠乏すると出血しやすくなったり、ビタミンB群が欠乏すると舌炎、口内炎などが現れる場合があります。

 

それではパンスポリンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。