病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

フロモックス(セフカペン)の作用機序と副作用|セフェム系抗菌薬

フロモックス

今回はセフェム系抗菌薬のフロモックスについてお話していきます。

スポンサーリンク

フロモックスとは?

 

それでは名前の由来からいきましょう。塩野義製薬から販売されているフロモックスは”Flomox”と表記されますが、これは同社で開発された”Flomoxef(フロモキセフ:第二世代セフェム系抗菌薬)”をイメージして命名されています。一般名はセフカペンピボキシルです。

 

フロモックスの作用を簡単に説明すると「細菌の細胞壁の合成を抑えることで、細菌を死滅させる」となります。それではもう少し詳しく見ていきましょう。

フロモックスの作用機序

 

セフェム系抗菌薬はβラクタム系抗菌薬に分類されます。βラクタム系抗菌薬はセフェム系の他にペニシリン系、カルバペネム系、モノバクタム系、ペネム系などがあります。いずれもβラクタム環と呼ばれる構造を有しているのが特徴です。

 

基本的にβラクタム系は半減期(薬の血液中の濃度が最高になった後、それが半分の濃度になるまでにかかる時間)が短く、頻回に投与する必要があります。フロモックスも半減期が約1時間と短いため、1日3回の服用が必要となります。

 

続いて細胞壁についてお話していきましょう。細胞壁は細菌の最も外側にある丈夫な膜で、主にペプチドグリカンという物質で構成されています。そしてペプチドグリカンを合成する酵素の一つにペニシリン結合タンパク(penicillin‐binding protein:以下PBP)があります。

 

βラクタム系抗菌薬はPBPと結合しPBPの働きを失わせます。これにより細胞壁の合成を抑えることができる、つまり細菌を死滅させることができるのです。

 

ちなみに細胞壁はヒトには存在しません。そのため細菌に選択的に作用することができるのです。同様に細胞壁を持たないマイコプラズマ、細胞壁にペプチドグリカンを含まないクラミジア等に対してもβラクタム系抗菌薬は無効のため注意が必要です。

スポンサーリンク

フロモックスの特徴

有効菌種

フロモックスは第三世代のセフェム系抗菌薬です。グラム陽性菌からグラム陰性菌まで幅広い抗菌スペクトルを持ち、ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)、β-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ菌(BLNAR)にも有効とされています。

 

ただ抗菌スペクトルが広いということは安易に使用してはいけないということです。しかし風邪なんかで病院を受診すると結構な確率で処方されていますよね。

 

風邪の原因は約9割がウイルスです。ウイルスは細胞壁を持ちません、つまり抗菌薬は効かないということです。

 

基本的に風邪に対して抗菌薬は不要です。栄養をきちんと摂って安静にしていれば多くは自然に治ります。症状によっては解熱剤や鎮咳薬など対症療法を必要に応じて行います。

 

風邪の「2次感染予防」等の理由で処方されるケースも有ります。きちんと評価した上で処方されるならいいのですが、実際はどうでしょうか。他の記事でも書きましたが「細菌の耐性獲得スピード>抗菌薬の開発スピード」なのです。抗菌薬は大事に使用する必要があります。

 

しかし未だに”風邪は抗菌薬で治る”と思っている方が多いのもまた事実であり、患者から希望されて処方されているケースもあるかもしれません。この辺もなんとかしたいところです。

 

ただ言っておきますが抗菌薬の出し惜しみはしません。それで患者様が亡くなったりしたら目も当てられませんから。要は必要性を考慮してメリハリを持って使用するということですね。

消失経路

それではフロモックスに話を戻します。フロモックスは腎排泄型の抗菌薬です。そのため腎機能が低下している患者様には減量して使用します。

剤形と味

またフロモックスの剤形には錠剤と細粒があります。細粒は小児用となっていますが、錠剤の嚥下が困難な成人にも使用することができます。

 

成分のセフカペンピボキシルは苦味があり、錠剤はフィルムコーティング、細粒にはイチゴ味をつけることで苦味をマスクしています。しかし錠剤の粉砕、細粒も水に溶かすと苦味が出ますので可能な限りそのまま服用頂くのがよろしいかと思います。

 

細粒についてはバニラアイスクリームやヨーグルトなどに混ぜると相性が良くスポーツドリンクや乳酸菌飲料は相性が悪いです。ただ味には個人差がありますので参考程度に。

フロモックスの副作用

アナフィラキシー

一番注意が必要なのはアナフィラキシー。アナフィラキシーとは短時間の間に複数のアレルギー症状が同時に出現する状態を指します。特に血圧の低下や意識障害などを伴う状態をアナフィラキシーショックといい、命に関わる場合もあります。

 

息苦しい、喉がつまる、喉がかゆい、めまい、耳鳴り、吐き気や腹痛、皮膚がかゆい、皮膚が赤くなる、蕁麻疹が現れる、などが短時間に複数現れた場合は直ちに病院を受診するようにしましょう。自分で病院に行くのが難しければ救急車を利用しても構いません。

 

フロモックスは経口薬のため、吸収されるまでに時間がかかります。そのため注射薬よりも症状発現が遅くなる可能性がありますが、早ければ5分以内、通常30分以内には症状が発現します。これらは覚えておいて下さい。

発疹

発疹が現れることがあります。発疹は投与開始後数日経過してから現れるケースが多いです。

偽膜性大腸炎

他には抗菌薬の使用により腸内細菌のバランスが崩れ、吐き気や下痢などが現れる場合があります。中でもクロストリジウム・ディフィシルと呼ばれる嫌気性菌が異常に増える偽膜性大腸炎を起こす場合もあります。症状としては下痢、発熱、腹痛などがあります。

 

偽膜性大腸炎はクリンダマイシンなどで頻度が高いですが、最近ではどの抗菌薬でも起こりうると言われていますので注意が必要です。

出血傾向、舌炎、口内炎

またビタミンの吸収に関与する腸内細菌が減少する可能性があり、ビタミンKが欠乏すると出血しやすくなったり、ビタミンB群が欠乏すると舌炎、口内炎などが現れる場合があります。

低カルニチン血症と低血糖

フロモックスをはじめとする第三世代経口セフェムは非常に吸収が悪いです。そこで吸収を高めるため構造中にピボキシル基と呼ばれる部分を持っています。

 

ピボキシル基を持つ薬剤は代謝されるとピバリン酸と活性本体となり、ピバリン酸はカルニチン抱合を受けて尿中に排泄されます。つまりカルニチンが減ってしまうのです。

 

なぜカルニチンが減るとマズイのか?

 

それはカルニチンが減少すると空腹、飢餓状態における脂肪酸のβ酸化ができなくなり、糖新生が行われなくなるためです。結果低血糖を惹き起こします。痙攣や意識レベルの低下がみられる場合もあります。

 

服用開始翌日に発現するケースもありますが、14日を超えると有意に発現率が高まります。また小児、乳幼児はカルニチンが少ないため特に注意が必要となります。

 

漫然と処方するのは厳禁です。これだけ見ても不要な抗菌薬処方を控える必要があるのはご理解頂けるかと思います。

 

それではフロモックスについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆