病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

バイエッタの特徴|作用機序と副作用、併用可能薬やビクトーザとの違い

角砂糖

今回はインクレチン関連薬の『バイエッタ』ついてお話していきます。

スポンサーリンク

バイエッタとは?

 

バイエッタの名前の由来は膵臓のβ細胞のβ(ベータ)に由来します。一般名はエキセナチドです。

 

作用を簡単に説明すると、『血糖値が高い時にインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる』となります。説明文だけみるとトラゼンタなどのDPP-4阻害薬と同じですが作用機序は異なります。

 

それではもう少し詳しくみていきましょう。

インスリンの働きについて

 

まずはインスリンの働きについてお話していきます。私達が摂った食事(糖質)はそのまま身体に吸収されるわけではないんですね。

 

アミラーゼなどの消化酵素によりブドウ糖まで分解されることで、初めて小腸から吸収されるのです。その後にブドウ糖は血液中に移動します。

 

いわゆる血糖値は血液中のブドウ糖の量を指します。ブドウ糖は筋肉や肝臓などの全身の臓器に運ばれてエネルギーとして使用されます。また残ったブドウ糖はグリコーゲンや脂肪として蓄えられます。

 

『ブドウ糖を筋肉や肝臓などの全身の臓器に運ぶ』これを行っているのがインスリンです。しかしブドウ糖が血液の流れにのって各臓器に運ばれても臓器を構成する細胞の入り口が閉じていると、ブドウ糖は中に入る事ができません。

 

インスリンは細胞の入り口を開ける事ができます。こうして初めてブドウ糖は細胞内に入り、エネルギーとして利用できるようになります。

 

また血液中のブドウ糖が減ることで血糖値が下がります。健康な人はこれらが自然に行われているため、血糖値がきちんと管理されているわけです。

 

ではインスリンの働きが悪く、入り口のドアを少ししか開けることができない場合どうでしょうか?入り口が狭いため、ブドウ糖が細胞内に入る量が減ってしまいますよね。このことをインスリン抵抗性といいます。

 

また細胞の入り口を開ける能力を持つインスリンの量が少なかったらどうでしょうか?こちらも同じようにドアが十分に開かないため、細胞内に入るブドウ糖がいつもより少なくなってしまいます。このことをインスリン分泌不全といいます。

 

これらが原因で、いつもは細胞内に取り込まれていたブドウ糖が血液中に残ってしまうと血糖値が高くなってしまいますよね。この状態が続くと糖尿病になってしまうわけです。

 

改善する方法は2つあります。

・インスリンの働きを高める。
・インスリンの量を増やす。

バイエッタは下のインスリンの量を増やす薬になります。ですがその前に今回のメイン『インクレチン』についてお話しします。

インクレチンとは?

 

インクレチンとは血糖値上昇に伴って、主に小腸から分泌されるホルモンであり、血糖値が高い時だけ分泌が促進される、これが最大のポイントです。

 

インクレチンにはGLP-1GIPがあります。GLP-1はglucagon-like peptide-1の略です。日本語ではグルカゴン様ペプチド1。

 

GIPはglucose-dependent insulinotropic polypeptideの略で日本語ではグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドといいます。

 

一般の方はこんな長ったらしい名前は覚えなくて結構です。GLP-1、GIPだけ覚えておけばOKです。

 

GLP-1は膵臓のβ細胞にあるGLP-1受容体に結合、GIPも同じく膵臓のβ細胞にあるGIP受容体に結合します。

 

すると細胞内のATP(アデノシン三リン酸:生命活動に必要なエネルギー源)がアデニル酸シクラーゼという酵素によりcyclic AMP(サイクリックエーエムピー)に変換されます。cyclic AMPはプロテインキナーゼAという酵素を活性化します。

 

プロテインキナーゼAは細胞膜上のカルシウムチャネルを開き、細胞内にカルシウムイオンが入ると、インスリン分泌顆粒と呼ばれる部分からインスリンが分泌されます。

 

インスリン分泌作用はGLP-1の方がGIPよりも強いです。またインクレチンはインスリン分泌を促す以外の作用も持ち合わせており、以下のようなものがあります。

 

GLP-1は膵臓のA(α)細胞から分泌されるホルモン『グルカゴン』の分泌を抑制します。グルカゴンは主に肝臓のグリコーゲンを分解してグルコースを作り出します。これを抑制できれば血糖値の上昇を抑えることができます。

 

他にも胃の運動を抑制し、食べ物が腸へ送られるのを遅らせたり、脳に働きかけ、食欲を抑制する作用も持っています。これにより食後の血糖値上昇、体重増加を抑制できます。これらを膵臓以外の作用という事で、膵外作用といいます。

 

とても素晴らしい働きをするインクレチンですが、DPP-4(dipeptidyl-peptidase-4:ジペプチジルペプチダーゼ4)という酵素と結合するため数分で分解されてしまうのです。

スポンサーリンク

バイエッタの作用機序

 

バイエッタはDPP-4阻害薬ではなくGLP-1アナログと呼ばれます。アナログとは『似(せ)たもの』を意味し、GLP-1を人工的に改良したものになります。作用はほぼGLP-1と同じです。

 

先ほどお話したようにGLP-1をそのまま投与してもDPP-4によりあっさり分解されてしまい意味がありません。

 

もう少し丁寧にお話します。アミノ酸にはアラニン(Ala)、プロリン(Pro)、チロシン(Tyr)、アルギニン(Arg)など20種類ありますが、その構造には共通点があります。

 

それはカルボキシル基(-COOH)アミノ基(-NH2)を持つというものです。片方の手がカルボキシル基、もう一方がアミノ基とイメージ頂くと良いかもしれません。

 

カルボキシル基側をC末端、アミノ基側をN末端といいます。アミノ酸同士のカルボキシル基とアミノ基が手を繋いでたくさん結合した状態、これがいわゆるタンパク質です。

 

GLP-1もアミノ酸が連なった構造をしており、N末端から2番目のアミノ酸がアラニンなのです。

 

DPP-4はインクレチンを分解させるとか言っていますが、真の作用は『N末端から2番目のアミノ酸がアラニンかプロリンの時、N末端から2つのアミノ酸を切断する』というものになります。

 

GLP-1はまさにその条件に一致します。そのためDPP-4により分解され作用を失うのです。

 

そこでバイエッタです。

 

バイエッタはN末端から2番目のアミノ酸をアラニンからグリシンにしたものです。これによりDPP-4により分解されないため、膵β細胞のGLP-1受容体に作用し、インスリン分泌を促進します。

 

GLP-1を分解されないように改良したのはバイエッタもビクトーザも同じです。ですがその内容は異なります。ちなみにビクトーザの方が本物のGLP-1に似ています。

バイエッタの注意事項・ビクトーザとの違い

 

バイエッタは徐々に増量します。これはいわば慣らしです。徐々に体に慣らすことで胃腸障害を予防出来たり、軽くする事ができます。

 

注射する部位は腹部、上腕外側、大腿部です。注射する場所は一箇所に決め、その中で毎回2cmくらいずつずらして注射します。

 

理由は同じ場所に続けて注射することで皮膚が硬くなり、吸収が低下するためです。これはインスリン注射も同じです。

 

ビクトーザとはいくつか異なります。1つ目は1日2回であること。これは半減期が1.27時間とビクトーザの12時間には遠く及ばないため。

 

2つ目が食前であること。これは食後投与ですと、食後の血糖値上昇を抑える事ができないため。

 

3つ目は単独投与不可食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤単独療法、スルホニルウレア剤とビグアナイド系薬剤の併用療法、又はスルホニルウレア剤とチアゾリジン系薬剤の併用療法を行っても十分な効果が得られない場合に限り適用を考慮します。

 

4つ目は重度の腎機能障害の方には禁忌であること。バイエッタの代謝・排泄はちょっと特殊です。肝臓で代謝を受けず、作用を発揮した後は未変化体のまま腎臓に移動します。

 

その後糸球体で濾過された後、分解されます。腎機能が低下しているとバイエッタが濾過されず、消化器系の副作用の出現により脱水を引き起こし、腎機能が更に悪化するためです。ちなみにビクトーザは用量調節不要です。

バイエッタの副作用

 

まずは低血糖。薬の性質上バイエッタ単剤では起こりにくいですが、インスリン分泌を促進するSU剤などと併用する場合はやはり注意が必要です。

 

便秘や腹部膨満感などもあります。これについては胃の運動を抑制するため、いつもより胃に食物が長時間残るためです。

 

他にも腸閉塞、急性膵炎や肝機能障害なども稀ですが報告されています。急激な腹痛や嘔吐、黄疸などが現れた場合は直ちに病院を受診して下さい。副作用については基本的にDPP-4阻害薬と共通です。

 

それではバイエッタについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆