病院で処方された薬や病気についてわかりやすく解説します

ビデュリオン皮下注用2mgの名前の由来とバイエッタとの違い

角砂糖

今回はインクレチン関連薬の『ビデュリオン』ついて説明していきましょう。

スポンサーリンク

ビデュリオンとは?

 

ではビデュリオンの名前の由来からいきましょう。最初に種明かしするのは忍びないのですが、ビデュリオンはバイエッタと成分は同じであり、バイエッタの週1回バージョンになります。

 

ビデュリオンは英語でBYDUREONと表記されます。これは何からきているのかというと…

・”BY”は『Byetta(バイエッタ)』※成分が同じなため

・”DUR”はDurationで『持続』

・”EON”は『無限に長い』や『永遠』を意味します。

つまりバイエッタの作用が長く続く」から命名されました。一般名はエキセナチドになります。

 

作用を簡単に説明すると、『血糖値が高い時にインスリンの分泌を促し、血糖値下げる』となります。

 

先ほどお話したとおり、ビデュリオンとバイエッタは同じ成分です。基本的な作用機序や副作用は共通ですので、先にバイエッタをお読み頂いた後に読み進めて頂ければと思います。こちらでは両者の違いについて主に記載します。

スポンサーリンク

ビデュリオンとバイエッタの違い

 

ビデュリオンもバイエッタと同様、N末端から2番目のアミノ酸がアラニンからグリシンになっており、DPP-4により分解されにくくなっています。

 

ただビデュリオンは週一回の投与となっています。その理由は何でしょうか?インタビューフォームによると…

エキセナチドを生分解性のd,l -ラクチド・グリコリド共重合体(50:50)(PLG)のマイクロスフェア内に包埋することにより、1週間に1回の皮下投与で、エキセナチドを1日2回皮下投与する製剤(バイエッタ皮下注)と同様な効果を示すよう設計された徐放性製剤

ビデュリオンインタビューフォームより引用

な、なんですかこれは!?一般の方は意味不明かもしれません。

 

要はですね…1回で1週間分の量のエキセナチドを単純にそのまま投与しても、1週間作用は持続しません。当たり前ですね。

 

そこで分解しても体に無害な物質で作られた、直径数μm程度の本当に小さい製剤でエキセナチドを包み込みます。この小さい製剤をマイクロスフェアといいます。

 

マイクロスフェアが徐々に加水分解されていくことで中のエキセナチドが徐々に放出されていきます。これにより1週間作用が持続するように設計されたものがビデュリオンというわけですね。

 

バイエッタと違い、ビデュリオンはペン型ではありません。1回分ずつパッケージされており、中にはシリンジ、薬が入ったバイアル、バイアルとシリンジを接続するコネクター、注射針が入っています。

 

具体的には使い方はここでは割愛しますが、ダイアルを回して打つだけのバイエッタと違い、ビデュリオンはシリンジと接続してバイアル内に溶解液を移動させ溶かし、またシリンジに戻してから投与するという形になります。

 

ぶっちゃけ結構面倒です。ですがその分週1回で済みます。一長一短ですね。

 

あと注射針ですが、バイエッタはインスリンでも使用する針を用いるため、32Gと非常に細くその分痛みも少ないです。しかしビデュリオンの針は23Gと結構太いです。1週間分(溶解液0.75mL)を投与となるとこれくらいは必要となってしまうわけですね。

 

ただ見た目とは裏腹にそこまで痛くはないという話も聞きますが、実際私は試したことがありませんし、個人差もあると思いますのでコメントは差し控えさせて頂きます。

ビデュリオンの副作用

 

基本的にバイエッタと同じです。ビデュリオンに特徴的なものとしては注射部位の硬結(硬くなる)、そう痒感(かゆくなる)があります。これについては先ほどお話したマイクロスフェア製剤に特徴的なものとされています。

 

ちなみに国内の第三相臨床試験では注射部位の硬結は215人中76人に出現。うち中止に至ったのは1例のみ。また注射部位のそう痒感は215人中14人に出現。うち中止に至ったのは1例のみ。となっています。

 

症状はいずれも軽度または中等度とされていますがバイエッタよりもかなり出現率は高くなっています。

 

それではビデュリオンについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

関連記事

サイト内検索



Facebook開設しました

「いいね」して頂けるととても嬉しいです(^^)

お役に立ちましたらフォローお願いします☆